キーワード検索 AND OR
祭り・イベント
1ページ / 全4ページ1234
横沢ささら

横沢ささら

開催場所
八幡神社
担当機関等
大仙市教育委員会
情報

秋田藩主の佐竹氏があきたへ移封の際に、行列の先頭をつとめ、悪魔退散の役をつとめてきたのが由来とされています。活発でテンポが早く、活気に満ちている点が魅力です。

その他

毎年お盆の8月13日と9月15日の八幡神社の祭典の日に演舞されています。

●ロケーションマップ4C(太田エリア)

地図
秋田県大仙市太田町横沢字山道北(Googleマップ)

 

国見ささら/[県指定無形民俗文化財]

担当機関等
大仙市教育委員会
情報

仙北地方にあるささらには、南部系と関東系があるとされ、明治22年に関東系の仙北市角館町白岩の堂野口ささらを国見の草彅保蔵、草彅民蔵らが伝えました。伝来の年代ははっきりしていませんが、近世から踊り伝えられていたことはわかっています。昭和39年11月17日に秋田県無形民俗文化財の指定を受けています。また、昭和26年、保存伝承体制を確立するため保存会を設立し、国見ささらの保存と公開につとめています。 現在では、演じ手の後継者の育成にも力を入れており、近年、中学生・高校生の演じ手が増えつつあります。

その他

●ロケーションマップ4C (太田エリア)

地図
秋田県大仙市太田町国見字扇畑(Googleマップ)

高橋市蔵氏/円満造翁(えまぞうおう)

円満造翁生家

ロック★ドンパン

ドンパン節のふる里/大仙市中仙(なかせん)

所在地
秋田県大仙市豊川
担当機関等
大仙市観光物産協会
☎0187-88-8481
大仙市役所中仙支所
☎0187-56-2111
情報

秋田民謡の1つに「ドンパン節」があります♬

この元唄「円満造甚句」の生みの親が東北の左甚五郎“円満造奥翁(えまぞうおう)”。

慶応4年(明治元年)に秋田県豊川村(現在の大仙市豊川/旧中仙町)高橋久助の長男として生まれました。

名は市蔵のちに宮大工となり、まわりから親しまれた人柄の市蔵氏は本名よりも屋号の「円満造(えまぞう)」さんと称され、また、三味線の名手でもありました。

円満造が仕事の折々に口ずさんだ唄は、大工の祝い事である手斧入れ、棟上げなどの席で唄い広められ、お祝いの席をにぎやかに盛り上げては人々を喜ばせました。その頃の座興の唄といえば「秋田甚句」が多かったが、三味線にのりにくかった為、三味線の名手であった円満造は工夫を凝らしオリジナルの「円満造甚句」をつくりあげました♬これをもとに昭和10年頃、隣町の角館の民謡編曲家の故黒澤三一氏等の民謡家たちが、円満造甚句をみんなが唄いやすく編曲してつくったのが今全国的に知られている「ドンパン節」です♪ドンパン節の「ドン」は太鼓、「パン」は鼓の音を表したものです。

・こうして建築に社寺の彫刻にと優れた作品を残した高橋市蔵氏は民謡にも確かな足跡を残し、昭和20年3月15日、この世を去った。享年79歳。

その他

●ライブラリーマップ3C(中仙エリア)

地図
秋田県大仙市豊川(Googleマップ)

 

どんぱんじっちゃ

情報

ドンパン節発祥の地に住んでいるおじいさん『ドンパンじっちゃ』♪

「ドンドンパンパン~」の歌いだしで始まる「ドンパン節」は、全国的にも有名ですが、その元唄は“円満造じいさん”と人々に親しまれていた本町豊川の大工さんの作で、その名をとって「円満造甚句」と言われています。
明治元年に生まれた円満造じいさんは、本名を高橋市蔵といい、大工は16歳で一人前、18歳の時にはさし物から彫刻にまで手を伸ばす器用さで、特に彫刻 においては、神社仏閣に多くの優れた作品を残しました。この円満造さんは、元来歌好きで、棟上げや祝いの酒席で即興詩人ぶりを発揮し人々の評判になりまし た。そのころの即興の歌というと秋田甚句が多かったのですが、彼はこの歌が「まどろっこしく退屈だし三味線にのりにくい」と言っては、いろいろな工夫を凝 らしだしました。そんなある日の夕方、仕事をしながらヒョイと表を見ると、西の方へとぼとぼ歩いていく色白の娘が目に付き、彼は即座に「あね、どござ行ぐ ただ一人日が暮れるとぎ…」と歌いかけたといいます。調子は、秋田甚句のおはやしの横笛のフシをもとに、合いの手唄を独立させて作りました。歌詞はいっぺ んに出来上がったのではなく、詩情がわき、興がのるごとに加えられていきました。この歌が「円満造甚句」と呼ばれるようになりました。
そして、昭和10年頃になって、民謡編曲家の故黒沢三一氏がその「円満造甚句」を大衆向きに変えたのが、今のドンパン節です。円満造甚句は、彼の孫にあたる高橋大文さんが、踊りは豊川小学校の児童が受け継ぎ、伝承しています。

全国ジャンボうさぎフェスティバル

開催場所
ドンパン広場(大仙市中仙支所隣り)
担当機関等
大仙市中仙支所 市民サービス課
☎0187-56-2112
全国ジャンボうさぎフェスティバル実行委員会
☎0187-56-2113(内線:137)
情報

明治32年頃に岐阜県より大型うさぎを導入したのが始まりといわれ、秋田県で初めて大型化への改良に取り組んだ人が佐々木房之助翁(旧中仙町)です。それ依頼、大仙市と美郷町(みさとちょう)のうさぎを愛する先人達によって、改良と保存がなされ引き継がれてきました。うさぎの大きさや質を競うジャンボうさぎフェスティバル「うさぎ品評会」、体重当てコンテストやジャンボうさぎパズル大会などで賑わいます☄

●毎年10月第3土曜日開催(予定)

≪スケジュール≫

午前9時~午後3時

・1日目:出品・審査・2日目:イベント(ジャンボうさぎパズル、杜仲めん早食い競争等イベント盛り沢山。※地元産和牛・杜仲豚・杜仲めんの試食、販売等)

●アクセス:JR田沢湖線/羽後長野駅下車 徒歩5分 or 国道105号・道の駅「なかせん」より車3分

その他

ドンパン広場その他のイベント

■その他大仙市のイベントはこちら

●ロケーションマップ4C(中仙エリア)

地図
秋田県大仙市北長野字茶畑141(Googleマップ)
奥羽太田ロードレース大会

奥羽太田ロードレース大会

開催場所
川口温泉 奥羽山荘
情報

スポーツの秋らしく、さわやかな汗を流していました。大会会場は奥羽山荘をスタート・ゴール地点とした日本陸連公認の特設コースで、小学生以上から一般まで、それぞれ2㎞、5㎞、10㎞のコースによってタイムが競われます。

・毎年10月開催

その他

川口温泉 奥羽山荘

■その他大仙市のイベントはこちら

●ロケーションマップ5C(太田エリア)

地図
秋田県大仙市太田字惣行大谷地10-5(Googleマップ)

 

 

南部忠平杯グラウンドゴルフ大会

所在地
大仙市太田町太田字惣行大谷地10-5
担当機関等
大仙市太田公民館
☎0187-88-1119
情報

ロサンゼルスオリンピック陸上男子三段跳び金メダリストの、故南部忠平さん((社)日本G・G協会初代会長)が直接カップを贈った大仙市太田地域と沖縄県宮古島で開催されている大会。全国各地から毎年多くのプレイヤーが出場します。栄冠を勝ち取った優勝者は、沖縄県宮古島大会への出場権が与えられ、抽選で1名に特別賞(宮古島大会に参加するための宿泊付往復航空券)を与えられる。

●開催日:毎年9月上旬頃

●スケジュール:10:00~競技開始

●料金・参加費:2000円

●アクセス:JR大曲駅から車で約40分 or JR角館駅から車で約30分

その他

◆その他大仙市のイベントはこちら

●ロケーションマップ5C(太田エリア)

地図
秋田県大仙市太田町太田字惣行大谷地10-5(Googleマップ)

 

 

黒森山健康マラソン大会

所在地
秋田県大仙市刈和野小野17-1周辺
担当機関等
西仙北町体育協会事務局
西仙北町スポーツセンター内
電話:0187-75-0552
情報

自然とスポーツに親しみ、健康の維持増進を図ることを目的とした「黒森山健康マラソン大会」は、毎年体育の日に黒森山山麓で行われます。ジョギング・マラソン・ウォーキングの各クラスがあり、思い思いのペースで楽しむことができます。

≪種目及び参加資格≫

●ジョギング (2.0km) :小学生以上の男女

●マラソン (2.0km) :小学生男子、小学生女子

●マラソン (3.0km) :中学生男子、中学生女子、高校生女子、一般男子、一般女子

●マラソン (7.0km) :高校生男子、一般男子、一般女子

●ウォーキング (2.7km) :5歳以上の男女

その他

黒森山遊歩道

◆その他大仙市のイベントはこちら

●ロケーションマップ2C(西仙北エリア)

地図
秋田県大仙市刈和野小野17-1周辺(Googleマップ)

亀田街道まつり

所在地
大仙市大沢郷宿字岩瀬109-1~大仙市大沢郷字大野45
情報

【管理者】亀田街道を守る会
■その昔、北野目地区が亀田(※1)領であった頃、殿様が参勤交代で江戸往復の道として使われたとされている亀田街道(町指定史跡)の往事を偲ぼうと亀田街道実行委員会が毎年行っているものです。

※1:亀田藩(岩城家);外様 栁間 城主格 岩城家は戦国期には磐城平を根拠とする戦国大名であったが、南隣の佐竹義重の子を当主に迎え、岩城貞隆とする。その後も佐竹家の予力大名的な性格が強い。関ヶ原でも佐竹家と行動をともにし、信濃川中島に減転封されるが、秋田に移された兄義宣の指図が、遠国のためにままならないので、近くへ移して欲しいと願い、出羽亀田へ移封された。

●毎年8月第4土曜日開催

その他
【大沢郷宿周辺】
■その他大仙市のイベントはこちら
 
 
●ロケーションマップ1C(西仙北エリア)
地図
秋田県大仙市大沢郷宿字岩瀬109-1~大仙市大沢郷字大野45(Googleマップ)

由利街道(別名:亀田街道)

情報

羽州街道刈和野宿と北国街道本荘宿とをむすぶ道が由利街道で、別名を亀田街道ともよばれた(県道10号線)。林間に往時の面影をとどめる街道は難所も多い街道です。

由利街道は、元和9年(1623)以降亀田へ移封した岩城氏が時折参勤にも利用したので、別名亀田街道とも呼ばれた。※大仙・仙北・美郷の歴史参考/発行所:㈱郷土出版社様

その他

秋田県大仙市では亀田街道まつりを毎年8月第4土曜日に開催してます【管理者】亀田街道を守る会
■その昔、北野目地区が亀田(※1)領であった頃、殿様が参勤交代で江戸往復の道として使われたとされている亀田街道(町指定史跡)の往事を偲ぼうと亀田街道実行委員会が毎年行っているものです。

※1:亀田藩(岩城家);外様 栁間 城主格 岩城家は戦国期には磐城平を根拠とする戦国大名であったが、南隣の佐竹義重の子を当主に迎え、岩城貞隆とする。その後も佐竹家の予力大名的な性格が強い。 関ヶ原でも佐竹家と行動をともにし、信濃川中島に減転封されるが、秋田に移された兄義宣の指図が、遠国のためにままならないので、近くへ移して欲しいと願 い、出羽亀田へ移封された。

学童相撲

所在地
秋田県大仙市協和境字下台86
開催場所
唐松神社内 相撲場
担当機関等
主催:学童相撲唐松大会実行委員会
後援:大仙市スポーツ少年団、大仙市協和公民館
情報

今年は、8月15日(木)唐松神社内相撲場において第10回学童相撲唐松大会が開催されました。市内外から38名の選手が参加しました。

※各スポーツ団体で複数のチーム参加・出場可能です。

その他

主管:唐松神社氏子総代会、境町内会

開催日:毎年8月15日

●ロケーションマップ1B(協和エリア)

地図
秋田県大仙市協和境字下台86(Googleマップ)

四ツ屋まつり

所在地
秋田県大仙市四ツ屋
担当機関等
四ツ屋まつり実行委員会
☎0187-66-1500
情報

・日中は高さ4.5mの花火の絵や武者絵などが描かれた大型の花火灯籠とミニ花火灯籠数台がお囃子とともに巡行し、四ツ屋公民館では芸能発表や作品展示、屋外では出展等も行われます。夜は花火灯籠をライトアップして飾り、フィナーレでは大小500発のスターマインや連発、ワイドスターマイン等が打ち上げられます!

・駐車場は、四ツ屋公民館うら四ツ屋小学校・JA秋田おばこ四ツ屋支店です。

お近くの方は、なるべく自転車や徒歩でご来場願います。

その他

開催日:平成28年10月9日(日曜日)

打上予定数:約500発

地図
秋田県大仙市四ツ屋字西下瀬162 - 4(Googleマップ)
1ページ / 全4ページ1234